組合紹介

SDGsへの取り組み

JForest 宮城中央森林組合のSDGs宣言!

持続可能な開発目標(SDGs Sustainable Development Goals) とは、2001年に策定されたミレ ニアム開発目標 (MDGs) の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世 界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない (leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が 取り組むユニバーサル (普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます (外務省サイトより)。

私たち、宮城中央森林組合では、以下のような事業 取組を通じて、SDGsの達成を目指しています。

森林整備を通じた自然資源の保全

  • 6 安全な水とトイレ世界中に
  • 11 住み続けられる まちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 壁の豊かさも守ろう

水源涵養、土砂災害防止、温室効果ガス吸収、レクリエーション機能など、森林が持つ公益的機能発揮の為、間伐等の森林整備を推進し、住環境の安全および豊かな暮らしを支えます。

持続可能な林業とまちづくり

  • 11 住み続けられる まちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 15 壁の豊かさも守ろう

伐採した山には必ず再造林を行うことで「伐って、使って、植える」 循環を維持 し、山の豊かさを保ちます。地域森林の適切な森林整備と再造林を推進し、循環型林業の確立に努力します。

森林整備事業の一つである、間伐作業完了後の森林の様子です。まっすぐな木を育てるために、苗木を植えてから、収穫するまでに成長途 中の木を間引き伐採する間伐を行います。

間伐の実施により、上記の目的を達成するとともに、森林の中に光を取り入れ、残された木が力強く成長し、土を強くつかむことで、水源涵養土砂災害防止機能が強化されます。

森林教育

  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • 15 壁の豊かさも守ろう

宮城中央森林組合では、小学校・中学校における森林学習を行っています。地域 の森林・林業の状況を伝えることで、森の手入れの大切さを知ってもらうとともに、森林や木材に親しみを持ってもらい、森林・林業の発展を応援してくれる人を増や す活動を行います。

バイオマス発電による脱炭素社会

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11 住み続けられる まちづくりを
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 壁の豊かさも守ろう

化石燃料由来のエネルギー利用の減少に向け、従来用途がなかった伐採時に発生 する曲がり材や木の枝葉などをチップやバイオマス発電材料として無駄なくエネル ギー利用することで、地球温暖化対策の推進に貢献します。

この様な事業および取組を行ってまいります。
取組状況についてはホームページや広報誌等でお知らせいたします。お問い合わせやご相談などがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

ご相談・お問い合わせContact us

電話・メールにてお気軽にご連絡ください。

022-372-3640月~金(祝日除く)8:30~17:00 

WEBでのお問い合わせ
ページの先頭へ